初めての方

For Beginners

ドローンってなに?

ドローンとは、無線操縦によって全ての操作を自動で行い自律飛行できる機体のことです。
無人航空機ドローンは、技術の確立と用途の拡大により軍事・産業・商業用だけでなく個人的な趣味まで、
様々なシーンで活用されはじめ、今後の産業利用の拡大が期待されています。

ドローンができること

1 空を飛ぶ

2 モノを運ぶ

3 情報を集める

4 集めた情報を活用する

空撮

ドローンの主な活用方法は、やはり空撮でしょう。施設のPRやイベントの記念、建物の完成記念、テレビ番組、CMなど、様々な用途のためにドローン撮影が行なわれています。空撮がヘリコプターからドローンで可能になったことで制作コストが大幅に軽減できることもあり、ドローン空撮の普及が進んでいます。

測量

地上での測量やセスナ機による航空測量に代わって、ドローンが測量ツールとして活用されています。ドローンで空から地面の様子をデータ化することで、そのデータを専用ソフト加工し、図面や3Dモデルの作成に利用できます。

物流

海外では、Amazonやエアバスなど超大手企業も参入をしているドローン物流。日本では楽天とゼンリンなどが鉄塔の上を飛行して、お弁当を届ける実証実験を成功させているようです。ドローンで生活物資が届けられる生活が実現するかもしれません。

他にも農薬散布や人命救助などさまざまなシーンで活用され、今後の産業利用の拡大が期待されています。

知っておきたい!ドローンを飛ばすためのルール

ドローンは、どこでも自由に飛ばしていいとは限りません。国や自治体によってさまざまなルールが定められています。安全に飛行させるために、まずはドローンに関するルールを理解しておきましょう。

飛行禁止区域

空撮用のドローンなど重量200g以上の機体は航空法で飛行禁止区域が規定されています。

空港周辺

150m以上の上空

人家の密集地域

禁止されている飛行方法

飛行禁止区域外の場所でも、申請が必要な飛行方法が規定されています。

夜間の飛行

目視の範囲外

至近距離の飛行

催し場所での飛行

危険物輸送

至近距離の飛行

これらの場所でドローンを安全に飛ばすためには、国土交通省へ申請し許可・承認が必要になります。飛行する際は、事前に区域と方法をしっかり確認しておきましょう。

ドローンを飛ばすための資格は必要?

自動車やバイクと同じようにドローンを飛ばすための免許が必要なのか気になる人も多いでしょう。現在、国内では免許を持たずにドローンを飛ばすことができます。ドローンを飛行させるのに必要な免許や資格はありませんが、いくつかの団体がドローンの認定資格や検定を設定しています。
認定資格や検定を取得して身につく知識や技能は、第三者への技能証明にもなるため、ビジネスでドローンを活用していくのであれば取得しておいた方がよいでしょうまた、ビジネスで活用しなくても国土交通省の飛行許可申請を行う場合に、資格を保有していた方がスムーズに許可や承諾を得られるというメリットもあります。

代表的な認定資格・検定

JUIDA認定スクール

JUIDA認定スクールは、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)が認定するドローン操縦士養成スクール。JUIDAは、日本にあるドローン関連の民間団体の中で、最も古くから存在する団体です。

運航管理責任者及びパイロットに求められる運用上の知識や安全な利活用を実現する実技(操縦・撮影・編集・自律飛行制御)を習得し、安全運航管理者証明証とJUIDA操縦技能証明証が発行されます。

DJI CAMP(DJIスペシャリスト)

DJI CAMPは、マルチコプター(ドローン)およびカメラ技術を開発・製造するグローバルリーダー、DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格。
DJIのマルチコプターを正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムで、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。筆記と飛行技能試験を実施し試験合格者には技能資格認定書が発行されます。

その他、エアオーシャンドローンスクール東京校に関して知りたいことは、
お気軽にお問い合わせください!