水中ドローン安全潜航操縦士認定講習

日本トップクラスの水中ドローン運用経験のある
インストラクター陣から操縦のノウハウを学ぼう!

環境問題で、注目を集める水中ドローン。操縦のノウハウを習得するなら、
日本トップクラスの水中ドローン運用経験をもつ、
当スクールのインストラクターから必要な知識と技術を学びましょう。

こんな方は注目!

  • 水中ドローンを操縦してみたい方
  • 釣りや旅行で水中ドローンを使いたい方
  • 水中撮影のお仕事をされる方
  • 水中設備、構造物の点検で活用されたい方 など

水中ドローン安全潜航操縦士認定講習とは

今現在、日本においても水中ドローンの認知度とニーズは非常に高まってきています。
もともとはレジャー利用が主だった活用でしたが、急速な水中ドローンの機能向上に伴って、様々な水中点検に用いられはじめています。
水中ドローンは墜落の心配がない分操作自体は比較的しやすいのが特徴である分、運用方法や機体の接続方法や扱い方、メンテナンス方法に至るまで知識をつけて運用しないと思わぬトラブルとなる事もあります。
エアーオーシャンドローンスクールの「水中ドローン安全潜航操縦士認定講習」は、一般社団法人 日本水中ドローン協会認定スクール1校目のスクールで、大勢の卒業生を輩出し日本屈指の水中ドローン運用経験をほこるインストラクターが在籍する水中ドローンスクールです。

レジャーから業務利用の方まで分野は広く水中ドローンを運用する上で、安全に操縦できる知識と技術を身に着けたい方にお勧めの認定講習です。
講習では、日本トップクラスの実績・経験談も交えて講習することが出来ますので、これから水中ドローンをレジャーでも業務でも運用されたい方は是非当スクールへお申し込みください。

水中ドローン安全潜航操縦士とは

「水中ドローン安全潜航操縦士」は、一般社団法人日本水中ドローン協会が、水中ドローンを活用した水中事業の拡充に向け、優れた技能と知識を持った水中ドローン人材の育成を目指して策定したライセンスです。
講習会およびその資格取得のための独自の研修・受講プログラムによって水中ドローンの機能を熟知し、安全に操縦できる一定のレベルに達していると同協会が認定する人材に付与される、独自の民間資格です。(有効期限は認定日より2年間※要更新手続)

ライセンス発行申請について

「水中ドローン安全潜航操縦士」ライセンス発行は直接、一社)日本水中ドローン協会への申請手続きを行っていただく必要があります。
(ライセンス発行事務手数料11,000円+日本水中ドローン協会入会金5,000円(個人賛助会員)がライセンス発行費用時に発生します。)
→ライセンス発行申請はこちら

ライセンスの活用

水中点検の業務として、水中設備や海洋調査、公共設備の点検・撮影など

スペースワンが選ばれる理由

全国トップクラスの
業務実績

経験豊富な
インストラクター陣

しっかり学べる
少人数制

「仕事に活かせる」
実践的ノウハウ

卒業後の
フォローアップ制度

熟練度の高い
効率的な学習

日本水中ドローン協会
の運営会社が行う講習

水中ドローン事業の
立上げに役立つ知識

講習概要

受講日数2日間
1日目:3時間(座学、筆記試験) / 2日目:3時間(実技、実技試験)
対 象満16歳以上が対象となります
会 場座学:エアオーシャンラボ
実技:エアオーシャンラボ近郊のプール
※詳細場所はお申し込み後にご案内予定
料 金77,000円(税込)
定 員6名
講座内容座学(3時間)、筆記試験
実技(2時間~2時間30分)、実技試験
備 考【ライセンス発行について】
「水中ドローン安全潜航操縦士」ライセンス発行は、一社)日本水中ドローン協会へ直接、申請手続きを行っていただく必要があります。
なお、ライセンス発行事務手数料11,000円+日本水中ドローン協会入会金5,000円(個人賛助会員)がライセンス発行費用時に発生します。
→ライセンス発行申請はこちら